エンジニアが選ぶ転職エージェント

エンジニアにおすすめの転職エージェント

 エンジニアは専門職です。

 エンジニアが転職をしようと考えた時、新しい求人案件のポジションが自分のこれまでの経験が活かせるのか?今までやってきたことと似ているのか?同じ職種の求人でも会社が違うと業務内容も異なる場合もあり、気になりますよね?

このな悩みを解決してくれるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーという求職者のサポートをする担当者です。(呼び方は各会社によって異なります)

転職エージェントに登録をすると、通常の場合はキャリアアドバイザーと称する担当者が一人ひとりについて転職の状況や、要望等をヒアリングし求職者にマッチするポジションを公開案件、非公開案件を含めて調査し、紹介をしてくれます。

この時最も重要なポイントはエンジニアという専門職の内容について、求職者の職務内容を正確に把握し、新しいポジションが転職後に即戦力として活躍できるポジションであるか?という点です。

なので、エンジニアと言う専門職の職業紹介をするキャリアアドバイザーはエンジニアの職務内容を深く理解し、把握する能力が必要なのです。

転職サイトや転職エージェントはググって見れば沢山見つかりますが、エンジニアが転職をするときに選ぶべき転職エージェントはどこなのでしょうか?

そういった疑問をお持ちの方に本サイトではお応えして行きます。

転職エージェントには、

1.総合型

2.特化型

 

の大きく2つの種類に分類することが出来ます。

1.総合型

 とはある特定の職種だけでなく、営業職や経理職、総務職等、幅広い全ての職種及び、幅広い年齢層に対応している転職エージェントです。一方で

2.特化型

 とはある一定の職種、ここでは技術職に特化したエージェントで、経理職や営業職は扱っていないエージェントになります。年齢層に関して若年層に特化した転職エージェント等も存在します。

このページをご覧になっている方は技術系、エンジニアの方もしくはエンジニアを目指す方が多いと思いますが、では、技術系の転職をする場合に、どちらのエージェントを選ぶべきなのでしょうか?

結論から申し上げますと、それぞれご自分のフィーリングに合うエージェントを1~2社選んで登録することをおすすめします。例えば以下の様な組み合わせです。

<総合型と特化型の組み合わせ代表例>

■doda(総合型)
転職サイトはdoda
★求人案件国内最大級
★日本国内全都道府県の転職相談可
幅広い年齢層に対応
技術系専任担当者多数在籍

>>詳細はこちら>>

■メイテックネクスト(特化型)
エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト
★エンジニア求人案件が国内最大級
★製造系エンジニア転職実績No.1
★コンサル単とは技術系出身多数
土日祝日面談可能。

>>詳細はこちら>>

 

 

特化型と総合型エージェントそれぞれ1~2社選択する理由は明確です。

各々にメリット・デメリットがあるからです。

まずは特化型エージェントです。技術者・エンジニアの業務は多種多様で、あり、自分の経験や希望にピッタリと合った求人を探すためには、その業務内容を詳細に伝えて、エージェントの担当者に正確に把握してもらわなければなりません。例えばソフトウェアエンジニアであれば、プログラミング言語で

 「C++ を使ってました。」 あるいは「C#が主です」

もしくは、組み込み系のソフトウェアで「Linuxを使って開発をしてました」

等と言った会話は普通にあると思いますが、なかなか文系の営業の方に細かい業務のイメージまで理解してもらうのが大変な部分があります。この様な場合、特化型の転職エージェントの担当者は元エンジニアだったり、あるいは”現役のエンジニア”だったりしますので、技術内容を正確に把握することが出来、かゆいところに手が届いてくれます。 そういった点では説明も楽ですし、エージェントのヒアリングでは、すんなりと会話ができると思います。又、紹介先の企業にも深いコネクションを持ち、職場の雰囲気さえ理解している様な場合もありますので、技術系・エンジニアの場合には、最低限特化型のエージェントを1社は押さえておくべきでしょう。製造メーカー系では、メイテックネクスト、Web系ではレバテックキャリア等がおすすめです。

 では、総合型のエージェントは不要では?という気もしますが、それほど短絡的なものでは無く、総合型には求人件数や登録者数等メリットも多数あるのです。求人件数が多いと言う事は自分の希望にマッチする求人案件に巡り会える可能性も増えるという事になります。総合型エージェントの担当者も昨今は非常に良く勉強をしている担当者も多く、また紹介の経験も多数積んでいることから、業務内容・職務内容は概ね把握することが出来ています。 総合型で技術に強みを持つエージェントはパーソル、リクルートエージェント、パソナキャリアあたりが代表例となります。

この様な環境から、総合型、特化型エージェントそれぞれ1~2社の登録をおすすめしています。

どちらが良いと言うものではなく、両者とも長所及び短所がありますので、両方のエージェントに1~2社づつ登録をしておくと転職情報が偏りなく入手出来、おススメです。

ここでは総合型と特化型に分けて、技術系に強い転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

まずは技術に特化型のエージェントからご紹介します。

■技術に強い特化型転職エージェントランキング

メイテックネクスト

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト

 以前は技術系専門の派遣会社でしたが、事業を大きく広げ、技術系に特化した人材紹介を行っている会社です。1位~3位に比べると知名度は若干落ちますが、企業採用者にとっては知らない人がいない程、技術者には有名な優良企業です。

技術に特化しており有名大手一部上場メーカーにも広く入り込んでいる会社で、ホームページを見るだけで誰もが知っているような企業の求人を見つけることが出来ます。

TOPページでもご説明をしておりますが、登録を行ったところで費用が発生する訳では無く、求職者にとって何ら不利益になることはありませんので、技術系で転職を目指す方には必ず抑えておくべき、外すことが出来ない一社です。

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト

 

 

 

第2位■レバテックキャリア

『レバテックキャリア』は、IT/Web系のエンジニア、デザイナーの方々向けに特化したエージェント型の転職サービスです。同じ技術系ですが、上記”メイテックネクスト”は製造メーカーのハードウェアエンジニア系、ソフトウェアも組み込み系、メカトロ系を得意としていますが、”レバテックキャリア”はIT系、Webを得意とした転職エージェントです。IT/Web系で転職を目指すエンジニアの方は、外せない1社でしょう。

IT・Webの業界や技術に精通した専任のスタッフが、求職者に対してキャリアの相談から、企業の提案、条件面交渉などトータルな転職サポートを提供してくれます。

同社の特徴は

【1】転職先企業の情報の多さ

にあり、転職先企業にて働くエンジニアとのネットワークがあること。

【2】業界最大級の非公開求人数

で、既存サービスにて多くのIT・Web企業との実績があること。

【3】キャリアコンサルタントの実績

で、既存サービスのトップコンサルタントが対応してくれ、無理な転職は勧めていません。IT,Web系では、特化型でトップクラスのエージェントになりますので、IT,Web系エンジニアを希望の方は詳細を確認して見ると良いでしょう。思い立ったら即、行動です!!

レバテックキャリアへの登録はこちらから>>

 

 

 

第3位マイナビエージェント(ものづくりエンジニア)

エンジニアマイナビエージェント(機械系エンジニア)は、メーカー・ものづくり業界に強い転職エージェントです。総合型のマイナビエージェントの強みを生かした若年層にターゲットを絞った”技術職”に強い超特価型転職エージェントになります。技術系の方であれば、同社の総合型エージェントではなく、こちらの ”ものづくり系マイナビエージェント”を選んだほうが良いでしょう。”機械系”とありますが、何と言うか”機械系”だけではありません。職種としては、

  • 機械系エンジニア
  • 電気系エンジニア
  • 光学系エンジニア
  • 化学系エンジニア
  • 組込・制御系エンジニア
  • 生産技術
  • 生産管理
  • 品質管理・品質保証
  • 技術営業・セールスエンジニア
  • メンテナンス・設備保守
  • 工場長・施設運営・管理職
  • プロダクトデザイナー
  • その他

とても多様な職種の求人を取り扱っていることがおわかりになるかと思います。同じマイナビエージェントでも”ものづくり系”と普通のものづくり系のマイナビエージェントとの最も大きな違いは”キャリアアドバイザー”の違いです。キャリアアドバイザーの重要性は”こちら”に記載していますので、参考までにご一読いただけると良いでしょう。

簡単に申し上げますと技術系で転職を目指すには、転職先の職務内容を正しく把握しなければ求職者の方にそのポジションが合っているか?否か?を説明することができないのですが、技術系職種の場合、エンジニアの方ならば理解して頂けると思いますが、口で説明するのがそう簡単ではありません。のでエンジニア経験のあるアドバイザーであればそのポジションの職務内容をより深く理解することができますよね?技術系の転職エージェントにはそういった技術系に強いキャリアアドバイザーが在籍しているので、こういった技術系の特化したエージェントに登録することが転職成功への近道となるのです。

ものづくり系マイナビエージェントは、 全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業・隠れた優良企業まで、 多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っている事が多く、 ものづくり業界出身のキャリアアドバイザーが皆さんのニーズにマッチした転職を提案して貰えます。但し、デメリットとしては、マイナビという会社自体がそうなのですが、20代~30代の若年層に特化している点と、地域性として地方の求人にはあまり強くないという点があります。首都圏及び関西圏の求人がほとんどという状況です。逆に申し上げますと、20代~30代の方で、首都圏にお住まいの方であれば、是非この”ものづくり系マイナビエージェント”を確認して見てはいかがでしょうか?

 

 

 

テッククリップス

テッククリップスは紹介企業がすべて年収500万円以上という、高年収と高待遇に特化した、技術系の転職エージェントです。かつ、首都圏限定のサービスに絞って、手厚いサポートを行っているエージェントです。

他のエージェントと異なる点は、現役のエンジニアが転職に関する様々な相談に乗ってくれるという点です。エンジニアにとってこれほど楽なエージェントは無いでしょう。一つ一つ自分の技術について説明をする手間が省け、”普通”の会話で業務内容を手にとるように理解してくれます。同じエンジニアですので、苦労してきた点やテクニカルな相談も受けてもらえますので、IT系でステップアップを目指す首都圏在住のエンジニアの方は、直ぐにでも詳細を確認して頂くと良いでしょう。

テッククリップスでは大手・ベンチャー問わず企業との太いパイプを保有しています。希望の求人情報がない場合は求職者に合った企業を新規開拓するというバイタリティーのあるエージェントです。

エンジニア向けの高年収&高待遇な求人情報は非公開求人として扱われるケースが多く、冒頭に記載した通り、TechClipsエージェントでは年収500万円以上の紹介企業が100%です。チャンスは自らの手で掴みに行きましょう!!

 

 

 

■Tech Stars Agent

 

 

ITエンジニア・WEB業界・ゲーム業界に特化したエンジニアの紹介を専門に行っているのが、テックスターズエージェントです。この業界への転職を目指す、20代、30代、40代の男性、女性問わず転職だけでなく、独立の支援も行っているエージェントです。

IT・WEB・ゲーム業界に精通したプロのキャリアコンサルタントが
大手には真似ができないきめ細かなサービスを提供しています。
求人数では大手に劣らない数を保有しており、転職だけでなく独立まで含めたキャリアサポートも充実しています。

テックスターズエージェントの詳細はこちら>>

 

 

 

 

次に、総合型の技術系に強みを持つ転職エージェントをご紹介します。

■技術に強い総合型転職エージェントランキング

リクルートエージェント

業界最大手リクルートキャリアが展開するリクルートエージェントは、 実績豊富な 担当者が豊富に揃っており、あなたの転職をサポートしてくれます。皆さまご存知の最大手の転職エージェントですが、新卒採用にも強みを持つ同社の傾向もあり、20代前半や第二新卒等、比較的若い世代の転職に強みを発揮している印象があります。

” title=”" title="" title="" title="

必ず押さえるべきはリクルートエージェント